サービス紹介

1. 総合顧問

総合顧問

会社の規模に応じた一律の月額料金で、以下事項に関して対応します。手続き件数や相談回数を気にせず、ご依頼、ご相談ください。

労働社会保険関係の手続き代行

  • 入退社に関する社会保険・雇用保険手続き
  • 随時発生する労災保険・健康保険の給付手続き
  • 年に1回行う年度更新や算定基礎届

など

より良い職場環境づくりのお手伝い

  • 問題社員への対応
  • 労働社会保険諸法令に関するお問い合わせ
  • 雇用関係助成金に関する提案、情報提供

など

料金案内はこちら

2. 給与計算

給与計算

給与計算は、従業員を雇い入れると必ず発生する業務ですが、利益を生み出す業務ではありません。そのため、処理に時間と費用を掛けすぎるのは避けたい業務です。

とは言え、間違いがあれば従業員からの信頼を失ってしまう重要な業務です。

また、正確な給与計算を行うためには、労働社会保険、所得税などの法律知識と、随時行われる法改正への対応が必要です。

ただ、担当者の方お一人が完璧であっても、その方が退職したら後任を育成するために時間を費やしてしまいます。

いわお社労士事務所では、集計した勤怠データをお送りいただくだけで、給与明細書、振込一覧表、賃金台帳などを納品します。

料金案内はこちら

3. 就業規則作成

就業規則作成

就業規則とは、会社と従業員が守るべきルールを定めたもので、「会社の法律」や「社員との契約書」といわれます。

会社が気まぐれに従業員を処遇したり、従業員が自分勝手に行動すれば、職場の秩序は乱れ、事業を円滑に運営できなくなります。

また、従業員に安心して働いてもらうため、労働時間や仕事内容、賃金、休日などについて、予め約束しておく必要があります。
そのために就業規則が必要となるのです。

インターネット等で入手した就業規則の雛形をそのまま使用することも可能ですが、自社の実態にあっていない労働条件を定めてしまうことが大半です。そのため、万一訴訟になれば、会社は甚大な損害を被ることになります。

いわお社労士事務所では、お客様ごとの実態をしっかり反映した、従業員とのトラブルを未然に防ぐ就業規則を作成します。

料金案内はこちら

4. 助成金申請

助成金申請

雇用関係助成金は、従業員の「雇用」に関する取り組みに対して支給され、財源は会社と従業員が負担している雇用保険料です。
従いまして、雇用保険料を納めていて、受給要件に該当するのに助成金申請しないのはとてももったいないことなのです。

助成金のメリット

  • 返済不要

    融資と異なり返済不要です。

  • 直接利益

    経理処理では収益(雑収入)として計上する直接利益です。

  • 信用度UP

    国の審査に合格し、助成金を受給できたことにより、対外的な信用度が高まります。

ただ、助成金の申請手続きは複雑です。作成資料が多く、提出期限も決められております。
自社内での手続きも可能ですが、資料の差し戻しがあると何度も役所へ足を運ぶことになり、日常業務に支障をきたす場合があります。また、助成金の支給要件が頻繁に変わるため、計画していた助成金が申請できない場合もあります。

いわお社労士事務所では、申請可能な助成金を積極的に提案し、迅速で正確な助成金申請をサポートします。

おススメ助成金

  • キャリアアップ助成金

    有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者等、企業内での非正規雇用の労働者のキャリアアップ等を促進するため、これらの取組みを実施した事業主に対して助成をするものです。

  • 詳しくはこちら

  • 人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)

    人事評価制度や賃金制度を整備することで、企業内での生産性の向上や従業員の賃金アップを実現した事業主に対して助成をするものです。

  • 詳しくはこちら

    料金案内はこちら

5. 手続きスポット

手続きスポット
  • 新しく会社を設立したとき
  • 従業員を採用したとき
  • 従業員が退職したとき
  • 従業員に異動、変動があったとき
  • 従業員が病気、ケガ、出産をしたとき
  • 会社の年間事務、変更手続き

など、いつどんな手続きが必要なのかを把握するだけでも大変です。
必要なときだけ依頼したい場合に適した、手続きスポット契約もご準備しております。

料金案内はこちら